2019年8月14日水曜日

子犬が産まれました。タワチョン選手、母に!


この春は、青森、岩手、そして東北連合(会場は北海道)と、3つの展覧会を戦った、KJ、そしてタワチョン選手こと「羊蹄乃多笑」(ようていのたわら)号です。


前半はいろいろと苦戦しましたが、最後に、北海道で開かれた東北連合展で、クラス第2位の成績を収めることができました。


令和元年度春季東北連合展覧会、小型・メス・若2組において、優良2席・若犬賞をゲットです。KJ&タワチョンチーム頑張りました!おめでとうございました!


というわけで、昨年秋の北海道展、クラス第1位(小型・メス・若1組において優良1席・若犬賞・道内最高賞)を皮切りにスタートした展覧会への挑戦ですが、今年の春までで東北6県の展覧会すべてを経験し、もちろんまだまだ素人ですが、KJには羊蹄柴道場として、自分たちなりの進む道、目標が見えてきたところです。


小規模かつ他に農業や狩猟といった生業を営みながらの犬舎にとって、極めて困難な道のりではありますが、自分が一から作出した柴犬で、いつかは展覧会のトップを取る。
次なる挑戦は、羊蹄乃多笑号の繁殖です。

展覧会シーズンも終わり、畑で笑顔のタワラと玄

そして、タワチョン選手は令和元年8月6日早朝、5匹の子犬を無事出産し、立派に母親になりました。生まれた順に、メス、オス、オス、オス、メス、の計メス2匹、オス3匹の内訳でした。


ここに至るまで、日本犬標準に照らして、タワラの長所がどこで短所はどこなのか。長所をのばし、短所を改良するために、どのような系統の種雄と交配するべきなのか。
これまでの展覧会を振り返り、名犬と呼ばれる柴犬たちについて調べ、多くの先輩たちから助言もいただきました。

0日齢

日本犬標準の記述は細かく、難しく、そして柴犬の系統や種雄の数はサラブレッドどころではない多さです。当然、展覧会での勝負以前に、健康で気性の良い子が生まれることは大前提です。

1日齢

今回、羊蹄乃多笑号は、平成26年の全国展で準最高賞をとった「紅王丸」号の直子、「聖の紅幸」(ひじりのべにゆき)号と交配しました。

6日齢

この子たちの中から、KJとともに展覧会を戦い、タワラとともに羊蹄柴道場の基礎をなす犬が育ってくれることを、願っています。

7日齢

展覧会用に繁殖しておりますが、
両親とも明るく人なつこい性格で、家庭犬としておすすめできます。
柴犬を飼ってみたい方は、ぜひご連絡ください!

2019年5月23日木曜日

Great Mother


みなさん、こんにちは。
羊蹄柴道場の母、トキメさん(北龍ノ時女号)です。

 
ご存知のとおり、米(ヨネ)も多笑(タワラ)も、父は違えどトキメさんの娘です。
 
ヨネは末っ子
 
タワラは一人っ子
 
しかし、玄が男手ひとつで厳しくきたえ上げたヨネと、未だにトキメのそばで優しい母さんにじゃれつきながら暮らしているタワラとでは、性格も振る舞いもまったく異なる犬に育ちました。
 
玄とヨネ(手前)
 
トキメとタワラ(向かって左)
 
ヨネは父とともに畑を疾走し、シカをとって、勝利の雄たけびを上げています。
ほぼほぼオスというか、野生の犬、ディンゴです(笑) 
 
 
 

一方、タワラは花愛でる女子として、KJとともに、悍威、良性、素朴といった日本犬の本質、そしてオスらしさ・メスらしさをも競う、日本犬保存会の展覧会で奮闘努力中です。
 
 
北海道・東北連合展 1審個体審査

同 2審比較審査
 
このように、まったく違う分野でがんばる2犬ですが、ヨネは狩猟犬として、タワラは展覧会用犬として、 それぞれに優秀な働き、成績を収める姿を見るにつけ、2犬に共通の母親であるトキメさんとはたいしたものだとつくづく感心します。

 
いつの間にか独力でウサギをとってきたヨネ

 
連合展で小型・メス・若2組2席入賞を果たしたタワラ
 
トキメ母さん、あなたはエライ!
いつまでも、羊蹄柴道場のグレートマザーでいてください。

 
トキメ母さんに、感謝!
 
 
 
 
 








2019年5月11日土曜日

令和元年


前略、
羊蹄山にはまだまだ雪が残っていますが。


春の農作業も始まりました。


犬たちは皆、元気です。

向かって左=玄、右=米(ヨネ)

羊蹄柴道場一門、今年も豊作、豊猟めざしてがんばります。
令和元年もどうぞよろしくお願いいたします!

向かって左から、多笑(タワラ)、夏萌(ナツメ)、小雪

走走 草々(笑)

2019年4月30日火曜日

春を先取り


北海道内でも、各地で桜が見ごろを迎えているようですが、豪雪地帯のここ、留寿都では桜はまだまだ固いつぼみのままです。


ですが、チームKJ、この春は何度も東北への弾丸ツアーを敢行していますので、村人たちに先駆けいち早く、桜の花に出会うことができています。


毎回タイトなツアー日程の中ではありますが、満開の桜堤を見つけては、時間の許す限り、多笑(タワラ)号にもその美しさと香りを楽しませてあげるようにしています。


タワチョン選手も、女子ですから。


しかしここでも、鬼?監督のKJ、立ちこみ練習を欠かしません(笑)


展覧会中は、時間的制約から、名の知れた観光地に立ち寄ることは無理ですが、時には、地域の小さなお祭り会場にフラっとおじゃまさせていただくこともあります。


こちらは、ほんの数人だけの観客を前にカラオケを熱唱する、地域の観光協会会長さんです。あっぱれ日本の田舎。こういう手づくり感が、たまらなく好きです。


この時ばかりは試合の緊張感を一瞬忘れ、厳しいハンドラーのKJもタワチョン選手も、思わず笑顔になります。


いよいよ春の試合は、あと1つを残すのみとなりました。
ハンター&ハンドラー&はんかくさい(笑)KJとタワチョン選手の挑戦はつづきます。

青森にて、名手・種市さん(左)と今崎さん(右)の間に立つKJ。

岩手にて。

東北と言えばな名勝負。
宿命のライバル?種市さん(左)と堀越さん(右)

展覧会最高の見せ場=本部賞決定戦。
左から、壮犬雄の2席、1席。成犬雄の1席、2席。









2019年3月27日水曜日

「札幌加我荘」が快挙に次ぐ快挙です。


道新(1月8日朝刊・札幌版)でも報道されたので、ご存知の方も多いかもしれません。
私たちがたいへんお世話になっている、「札幌加我荘」作出の「加我の州」号が、平成30年度(第115回)日本犬全国展にて、小型(柴犬)雄部・壮犬組の第1席を獲得しました。
 
 
全国から集まった柴男子(1歳6か月以上~2歳6か月未満クラス)たちの中で、日本一!
北海道の犬舎では初となる快挙でした。
 
 
そして、この度、札幌加我荘作出の「加我の昇時」号が、世界最大級のドッグショー、「クラフツ・ドッグショー2019」(イギリス)にて、柴犬(113頭出陳)の部門でトップ!、柴犬を含む27犬種、2,929頭が出陳したユーティリティーグループで3位に入賞するという、これまた素晴らしい快挙を収めました。
 
100年を超える歴史を持つ、クラフツ・ドッグショーで、日本の柴犬がグループ入賞を果たしたのは、これが初めてのこと。北海道初の次はなんと日本初の快挙です!
 
 
「クラフツ・ドッグショー」については、公式HPがありますので、是非、ご覧ください。
1891年からつづき、毎年3月に4日間にわたって開催され、日本からも観戦ツアーが出ているという、2万頭を超える犬が参加し、10万人を超える見学者がつめかける、すさまじい規模のものです。
 
期間中は4日間毎日、巨大な見本市会場(インドアです)の中で、朝早くから夜遅くまで、ガンドッグ、ハウンド、テリア、トイ、・・・など8つのグループ、200を超える犬種の審査が行われる他、さまざまなドッグ・スポーツ、アジリティや警察犬等の模範演技などが繰り広げられます。
 
 
HPでは250ページを超える公式ガイドブックも公開されていますが、ショーの内容以上にドッグフードやいろいろな犬用品、犬舎の広告が満載で、とても楽しいものです。
 
 
審査は、犬種ごとの審査→各犬種のトップどうしで競うグループ審査→各グループのトップどうしで競う最終審査の順で進みます。
 
 
各グループの審査の様子がYouTubeで公開されています。
柴犬が含まれるユーティリティーグループは、秋田犬、ブルドッグ、チャウチャウ、シーズ、・・・など27犬種、2,929頭が出陳。
 
18分35秒ぐらいから、「加我の昇時」号の審査風景です。
”ジャパニーズ・シバ・イニュ!” ・・・イニュって(笑)
席次のコールは、46分25秒ぐらいから。1席・シッズー→2席・アッキータ→3席・ジャパニーズ・シバ・イニュ、の順でした。
 
 
本当に、これはオリンピックのメダル獲得に相当するぐらいの価値あることだと思います。
遠い異国の地での、昇時号の頑張りと、これまで人生の全てを犬にささげてきたと言っても過言ではない、加我さんのご努力に、頭が下がるばかりです。
 
本当に、本当に、おめでとうございました!
 
 
春の展覧会シーズンは、もう目の前です。
 
いつかは世界を目指して?
今年もまた、KJ&多笑(タワラ)号の挑戦が始まります!
 


 
 
 
 
 

2019年3月12日火曜日

寝姿八景


米(ヨネ)の子犬=玄の孫犬たちが巣立ったので、羊蹄柴道場=玄家には、再び、親子(玄、ヨネ)水入らずの時間がもどってきました。
 
この冬は暖冬とはいえ、留寿都はまだまだ寒いので、育児疲れ、孫疲れから回復するため、ストーブの前で仲良く暖をとっている時が多いです。
 
 

 

そんな、寝姿八景の第1、筆記体の「X」。

 
第2、ローマ数字の「Ⅱ」。

 
第3、「口」(四角ないしはクチ)。

 
第4、これは・・・ローマ数字の 「Ⅰ」で良いか。  
 
 
そして第5。 
 
左に倒せば小文字の「 i 」。
 
 
右に倒せばビックリマーク「!」。
 
 
そんな風に、見えてはこないでしょうか?
以上、玄米の寝姿八景、ん? ちょっと足りない五景でした。
 
2年3か月前の玄米寝姿(ヨネ4か月齢時)