2018年7月13日金曜日

打瀬船を見に。ホッカイシマエビを食べに。


昔、仕事の関係で調べたことがあって、一度は見て見たかった、尾岱沼(オダイトウ)の打瀬船(ウタセブネ)。
「野付半島と打瀬船」として「北海道遺産」にも選ばれています。

(北海道遺産協議会HPより)
 
しかし1年に2回、夏は1か月程度、秋は2週間程度のホッカイシマエビ漁の期間中、天気の良い時しか出漁しないため、なかなか見る機会には恵まれませんでした。

(北海道遺産協議会HPより)
 
ですが今回、えびまつりに合わせて、ついに行って来ました。
KJの仕事の都合上、留寿都から尾岱沼まで往復950kmの日帰り旅になります。
 
 
打瀬船は陸上からでも見えますが、それだととても小さいので、尾岱沼とトドワラを結んで野付湾内を航行する観光船に乗って見るのが良いようです。
 
 
ホッカイシマエビ漁は、朝5:00に出漁し昼前には帰港してしまうので、朝1便=8:30の観光船に乗るのがオススメ。といったことを、別海町観光協会のHPや電話でも聞いて調べて、北の道ナビでは尾岱沼までの所要時間は8時間。

 
途中で休憩したり、仮眠も取りたいので、夜中の10:30に留寿都を出発しました。
出発早々、爆睡する犬たちをしり目に、ひたすら東を目指します。
 

向かって左から、ヨネ→ゲン→タワラ(クレートの中)
 
ちょうど夜明けの時間帯となった阿寒横断道路では、雄阿寒岳、雌阿寒岳やペンケトー、パンケトーの美しい姿だけでなく、道路わきや、時には道路上を我が物顔に闊歩する多数のシカの姿に驚かされたり。
 
 
午前3:40
 
まだキャンパーたちも寝静まった道の駅、摩周温泉では足湯を楽しんだり、多笑(タワラ)の立ち込み練習をしたりと、ちょっとずつ寄り道もしながら、余裕で7:30には尾岱沼に到着しました。
 
午前4:00
 
 
朝1便のレインボー号には、十数人が乗船。
トドワラの船着場(桟橋)まで約30分間のクルージングで、操業中の打瀬船を探すことになります。
 
 
この日はお祭りに備えてか、既にほとんどの船が帰港してしまった後でしたが、1枚だけ帆を張って作業をする、数隻の船を見ることが出来ました。
 
 
3枚帆を満帆に掲げた船を想像していたので、ちょっとイメージが違いましたが、それでも何とも美しいですよね。
 
 
こうして打瀬船を使うのは、ホッカイシマエビが暮らすアマモ(海草)をスクリューで傷つけないため。こうしてていねいに漁獲された尾岱沼のホッカイシマエビは、高いブランド価値を持って取引されています。
 
 
資源保護のため、漁獲期間と漁獲量は厳しく管理され、持続的な漁業を可能にしていることが、野付湾湿原のワイズユース(賢明な利用)としても評価されているそうです。
 
 
完全に帆をたたんでいる船や、そもそもマストが無い船もありました。
帆をたたんでいるのは、網上げの作業中、帆が無い船は、アサリ獲りの船のようです。

 
実は尾岱沼はアサリも名物で、トドワラの船着場(桟橋)付近でも、砂浜をちょっと掘ったらアサリがゴロゴロ。(ただし、持ち帰ることはできません。潮干狩りのクルーズはまた別になっています)


 
観光船からは、往復とも遠くにアザラシ(↓画像をクリックして拡大してください。目鼻がなんとなく見えるでしょうか)を見ることもでき、良く管理された野付湾の自然を洋上から満喫することができました。(前回、陸上から野付半島を楽しんだ様子は、2015年9月5日の記事で)
 
 
さて、念願の打瀬船を見ることができた後は、やはりエビです(笑)
お祭りは午後からなのですが、直売所は朝1番の観光船がもどってくる頃には既に営業を開始。

 
まさに漁期中の産地でしか食べることができない、生きたホッカイシマエビの踊り食いを楽しんだり。(でも正直、ホッカイシマエビのお刺身はイマイチかな・・・)

 
こちらもちょっと早めに12:00からスタートしたフードコートに手分けして並んで、ホッカイシマエビのミニ天丼、串焼きもしっかりゲットしました。
天丼は相変わらず、ヒゲまで美味しく絶品。串焼きは・・・ふつうでしたが。

 
でもね、ホッカイシマエビの一番はやっぱり茹でエビです。
漁獲後すぐに浜で茹で上げ、一度も冷凍していない尾岱沼のホッカイシマエビは、この時期、この場所まで来ないと手に入らないと言っても過言ではありません。

 
もちろんネットでも、浜茹で後に急速冷凍したものが流通していて、十分に美味しいわけですが、でもしかし、一度も冷凍していないものは明らかに味が違います。
濃い赤、濃い味、歯ごたえ。そう、まさに、赤いダイヤ。
 
 
本当はもう一日中でもお祭り会場にいて、エビとビールにつかっていたい尾岱沼でしたが、帰路も450キロ以上ありますから、そうも言ってはいられません。
 
 
歌謡ショーを見ることかなわず、お祭りのオープニングより前に(笑)、後ろ髪を引かれる思いで、野付湾を後にしました。
 
 
今回、尾岱沼の直前でシッコタイムのために立ち寄った公園で、これまでまったく遊べなかったヨネとタワラが思いがけずいっしょに歩いてワンプロを始めるという、嬉しい余禄も付いて来ました。
 
午前7:00
 
喧嘩ではありません。遊んでます。
 
文字通り、水入り(笑)
 
これまで見たことの無かった、カモの集団子育ての様子も見れて。
 
 
往復950キロ、23時間、0泊2日の旅はハードだったけど、ホッカイシマエビはものすごく美味しかったし、ヨネとタワラは仲良くなれたし、頑張る値は予想以上に十分ありました。
できれば来年も行きたいな!
 
このうち、KJが運転した距離、850キロ(笑)
 
ホッカイシマエビの今漁期は7月19日までです。
みなさまも、是非。
 

2018年6月20日水曜日

牧羊犬を見に。


先日、池田町に行って来ました。

 
と言っても、KJの誕生日に十勝のソウルフード、バナナ饅頭と、希少な褐毛和種(あか牛)のブランド、いけだ牛ステーキを食べることだけが目的だったのではありません。(もちろんとっても美味しかったです)
 
 
長年、一度は見てみたかった、シープドッグショー~牧羊犬が羊飼いの合図に従い、羊の群れを追って移動させ、目的の場所まで誘導する~を見に行ってきました。
 
 
牧羊犬の品種はボーダーコリー。池田町・ボーヤファームでは羊を多数飼育し、羊肉の販売の他、ボーダーコリーの調教・繁殖・子犬の販売(予約制)も行っています。

 
犬への合図は、羊飼いの声か笛で行われ、4匹の犬のそれぞれに対して別々に、「右へ」「左へ」「前へ」「伏せ(止まれ)」の4種類を意味する合図があります。

 
従って、羊飼いは4匹の犬を同時に使い、それぞれに別々の動きをさせることができます。
 
 
右手の丘の上まで群れを追い上げ、その周りをぐるぐる回りながら、群れを方向転換させて、丘から追い下ろして来ました。

 
今度は遠くに見える白いゲートの間を通過させ、またその先で方向転換させて、出発地点に戻って来ました。

見ていると、4匹の犬が役割分担をし、群れを後ろから追う犬、左右からはさんで羊が散らばらないようガードする犬、群れの前に先回りして羊が走るのを止める犬に分かれているようにも見えます。

 
実は私たちの一番の関心事は、この牧羊犬たちをシカ猟に使えないだろうか?ということだったので、羊飼い役を務めていらっしゃる、ボーヤファームの安西さんに質問してみました。
 
 
お答えとしては、そうした発想は、安西さんたち自身にもあって、何年か前に近隣の猟友会といっしょにシカ猟に使ってみたことがあるそうですが、シカが逃げるスピードが速すぎて牧羊犬が追いつけないこと、また、シカは羊の群れのようにいつまでもかたまっておらず、逃げる時は散り散りになってしまうことなどから、うまくいかなかったとのことでした。
 
 
それでも、何度か挑戦して1頭だけはとったそうですよ。
私たちが柴犬をシカ猟に使っていると話すと、とても驚いていました。
 

そんなわけで、どうやら牧羊犬をシカ猟に使うのは無理と分かりましたが、羊を追う姿は見ていて感心する働きぶりで、玄などは前の席まで身を乗り出して、多笑(タワラ)も最前列からかぶりつきでその動きを凝視していました。
 
 
なぜか、米(ヨネ)は怖がってKJに抱っこされていましたが・・・。
 
 
さらに、この犬たちが追うのは羊だけではありません。
これは羊相手よりもスゴイと思ったのですが、縦に並んだ3匹の犬+1ぬいぐるみをコーンに見立てて、その間をぬうように1匹の犬がアヒルたちを追ってスラローム、そして最後に4匹の犬が4方向からアヒルを囲んで集合させます。
 
 
注)音がします
 
アヒルが至近距離を通過するので、コーン役の犬も敏感に反応して体の向きをクルックルッと変えていますね。いやあ、うちの犬たちだったら、まず絶対にアヒルに噛みつきますね。しかし、ここの犬たちは、ショー会場を出てノーリードでいる時に、玄たちが近づいても真横を通っても、じっとしていることができました。


羊相手にしろ、アヒル相手にしろ、牧羊犬の技の魅力は、獲物を追って全力で走りたい本能の発揮と、しかし好き勝手ではなく羊飼いの指示に従って動き、絶対に獲物に襲いかかったり噛みついたりはしないという厳しい調教の成果。犬にとっては心理的に矛盾するはずの行動が、人間との共働でみごとに実現できていることにあると感じました。


家庭犬のお出かけや散歩のように楽しいかは分かりませんが、牧羊犬たちは、羊飼いと羊、そしてアヒルにとても良く集中して、役割を果たしているように見えました。人間と働くことが、犬にとっても充実した時間であることは間違いないように思えました。
タワラもKJと毎日の訓練がんばって、 秋にはしっかり働こうね。
 
 
犬生いろいろ。
とても勉強になった、シープドッグショー見学ツアーの最後は、こちらもかねてから一度は行きたかった紫竹ガーデンに立ち寄りました。残念ながら、雨の中でしたが。
 
 
咲き乱れる花の色々・・・。
にしても、先ほどとは別犬のような玄の表情(笑) 犬も男子は、花には無関心なのかもしれませんね。

 
さて、牧羊犬を見習ったわけではないでしょうが、玄とヨネのお仕事のほうも順調です。
アスパラはもう終わってしまいましたが、まきつけ等、早朝からKJの畑仕事に同行し、夕方は有害駆除に同行と、疲れもたまっているはずなのですが、やっぱり笑顔です。
 
 
羊蹄の働く犬たち、今日もがんばって行きますよ~!

 
畑での様子などは、KJのインスタグラムもご覧ください。