2019年3月27日水曜日

「札幌加我荘」が快挙に次ぐ快挙です。


道新(1月8日朝刊・札幌版)でも報道されたので、ご存知の方も多いかもしれません。
私たちがたいへんお世話になっている、「札幌加我荘」作出の「加我の州」号が、平成30年度(第115回)日本犬全国展にて、小型(柴犬)雄部・壮犬組の第1席を獲得しました。
 
 
全国から集まった柴男子(1歳6か月以上~2歳6か月未満クラス)たちの中で、日本一!
北海道の犬舎では初となる快挙でした。
 
 
そして、この度、札幌加我荘作出の「加我の昇時」号が、世界最大級のドッグショー、「クラフツ・ドッグショー2019」(イギリス)にて、柴犬(113頭出陳)の部門でトップ!、柴犬を含む27犬種、2,929頭が出陳したユーティリティーグループで3位に入賞するという、これまた素晴らしい快挙を収めました。
 
100年を超える歴史を持つ、クラフツ・ドッグショーで、日本の柴犬がグループ入賞を果たしたのは、これが初めてのこと。北海道初の次はなんと日本初の快挙です!
 
 
「クラフツ・ドッグショー」については、公式HPがありますので、是非、ご覧ください。
1891年からつづき、毎年3月に4日間にわたって開催され、日本からも観戦ツアーが出ているという、2万頭を超える犬が参加し、10万人を超える見学者がつめかける、すさまじい規模のものです。
 
期間中は4日間毎日、巨大な見本市会場(インドアです)の中で、朝早くから夜遅くまで、ガンドッグ、ハウンド、テリア、トイ、・・・など8つのグループ、200を超える犬種の審査が行われる他、さまざまなドッグ・スポーツ、アジリティや警察犬等の模範演技などが繰り広げられます。
 
 
HPでは250ページを超える公式ガイドブックも公開されていますが、ショーの内容以上にドッグフードやいろいろな犬用品、犬舎の広告が満載で、とても楽しいものです。
 
 
審査は、犬種ごとの審査→各犬種のトップどうしで競うグループ審査→各グループのトップどうしで競う最終審査の順で進みます。
 
 
各グループの審査の様子がYouTubeで公開されています。
柴犬が含まれるユーティリティーグループは、秋田犬、ブルドッグ、チャウチャウ、シーズ、・・・など27犬種、2,929頭が出陳。
 
18分35秒ぐらいから、「加我の昇時」号の審査風景です。
”ジャパニーズ・シバ・イニュ!” ・・・イニュって(笑)
席次のコールは、46分25秒ぐらいから。1席・シッズー→2席・アッキータ→3席・ジャパニーズ・シバ・イニュ、の順でした。
 
 
本当に、これはオリンピックのメダル獲得に相当するぐらいの価値あることだと思います。
遠い異国の地での、昇時号の頑張りと、これまで人生の全てを犬にささげてきたと言っても過言ではない、加我さんのご努力に、頭が下がるばかりです。
 
本当に、本当に、おめでとうございました!
 
 
春の展覧会シーズンは、もう目の前です。
 
いつかは世界を目指して?
今年もまた、KJ&多笑(タワラ)号の挑戦が始まります!
 


 
 
 
 
 

2019年3月12日火曜日

寝姿八景


米(ヨネ)の子犬=玄の孫犬たちが巣立ったので、羊蹄柴道場=玄家には、再び、親子(玄、ヨネ)水入らずの時間がもどってきました。
 
この冬は暖冬とはいえ、留寿都はまだまだ寒いので、育児疲れ、孫疲れから回復するため、ストーブの前で仲良く暖をとっている時が多いです。
 
 

 

そんな、寝姿八景の第1、筆記体の「X」。

 
第2、ローマ数字の「Ⅱ」。

 
第3、「口」(四角ないしはクチ)。

 
第4、これは・・・ローマ数字の 「Ⅰ」で良いか。  
 
 
そして第5。 
 
左に倒せば小文字の「 i 」。
 
 
右に倒せばビックリマーク「!」。
 
 
そんな風に、見えてはこないでしょうか?
以上、玄米の寝姿八景、ん? ちょっと足りない五景でした。
 
2年3か月前の玄米寝姿(ヨネ4か月齢時)
 
 
 
 
 

2019年3月1日金曜日

巣立ち

 
おかげさまにて、この度、ヨネの男の子の飼い主様も決まり、やはり羊蹄山麓の町へと巣立って行きました。どうかいつまでも健康で幸せにね。
 
 
人間では当たり前のことですが、犬の世界では、お祖父ちゃん(玄)、お祖母ちゃん(トキメ)、お父さん(胡麻龍)、お母さん(ヨネ)、妹と、全員の顔が分かっていて、望めば会いに行ける環境は珍しいかもしれません。
 

おっと、おばちゃんたち(ナッツ、タワラ・・・)やおじちゃんたち(タカトラ・・・)もいましたね。
 
 
夏にはニセコの小雪ランで、大家族会ができたら良いなあ、と、お祖父ちゃんの玄が言っております。みんな、元気でまた会いましょう!
 
 


2019年2月17日日曜日

成長


昨秋は北海道、東北地方の展覧会(若1組)で活躍しました、羊蹄乃多笑(タワラ)号、
この度、無事に1歳の誕生日を迎えて、缶詰フードで(笑)お祝いしました。

タワラ 2か月

もうすぐ春の展覧会シーズン。
タワチョン選手、今年も頑張っていきましょう!

タワラ 1歳

昨年末、12月11日に生まれた、米(ヨネ)の子、玄の孫たちも生後2か月を超え、いよいよ巣立ちの時を迎えています。
今日は、3代そろっての家族写真。


孫たちの行く先に幸あれと、家長の玄じいちゃんが恵方巻に願をかけます。


先に飼い主様が決まったのは、女の子。
同じ羊蹄山麓の町に行きました。どうそ健康に、幸せに。そして、いつかまた会えると良いね!


男の子は引き続き、飼い主様を募集中です。
日本犬保存会の血統書付き、ワクチン1回目接種済み。とっても元気な男の子です。


ご関心のある方はぜひ、お問合せください!
留寿都村 奥田健治 090-2077-1839


2019年2月6日水曜日

初猟ないしは山岳訓練


玄は、今年もお正月を山中で過ごしました。
山の頂からお天道様に、安全狩猟と大猟と子孫繁栄を?祈願しました。
 
 
玄ももう10歳になりましたので、そろそろ楽隠居させてあげたいのですが、今季は娘の米(ヨネ)が育児休業中でシカ猟に参戦できないため、現役続行となりました。

 
そして、この度、タワチョンこと多笑(タワラ)が山岳デビューを果たしました。
タワラ、吹雪の中の初猟です。
 
タワラ

主のKJがハンターである羊蹄柴道場ならではの訓練方法と自負しておりますが、日本犬の本質とされる「悍威」も「感覚鋭敏」、「動作敏捷」も、狩猟シーンにおいてこそ最大限に発揮され、獲得もされると考えてのことです。
もちろん、玄の堂々たる睨み、噛みつきに比べて、タワラはまだまだへっぴり腰のおそるおそるではありますが、こうした経験の積み重ねを通じて、元来狩猟犬である柴犬の本能が必ず開花すると信じています。

タワラ 玄
 
ヨネ師範代による、洞爺湖畔でのワンプロ訓練もつづいています。
 
 
にしても、春が待ち遠しいですねえ。
 
 
ヨネの子犬は、おかげさまにて女の子の飼い主様が決まりました。
男の子は、引き続き飼い主様を募集中です!ご関心のある方は是非是非!
 
 
羊蹄柴道場HP と KJのインスタグラムもどうぞご覧ください。
 
 
 

 
 
 
 

2019年1月25日金曜日

羊蹄柴道場


ご報告がすっかり遅くなってしまいましたが、ヨネの子犬誕生を受け、玄家もいよいよ3代目となったことから、覚悟を決め、この度、羊蹄山の山すそにて道場を開設しました。

 
文武両道の達者養成をめざし、「羊蹄柴道場」の看板を掲げました。
道場ですから、道場主はKJ、師範は玄ということになります。
 
 
背後から、虎視眈々と看板の奪取を狙っている様子の?レヴは、さしづめ、道場破りといった役回りでしょうか・・・

 
師範代のヨネは、現在、狩猟を育児休業中ですが、元来、新進気鋭・無敵の女流剣士、いや猟師です。
 
 
目下のところ、道場の主な活動は、唯一の内弟子であるタワチョン選手の肉体改造。
 
 
春の展覧会シーズンに向け、ヨネに追われながらの雪中トレーニングが、砂浜ランニングと同様に、体中のさまざまな筋肉を鍛え、日本犬標準が求める一般外貌、「骨格緊密にして筋腱発達」をかなえるものと考えています。
 
 
もっとも、全国展で審査員に吠えてかかったヨネのことですから、彼女自身が妹に教えたいのはむしろ、「闘魂」かもしれません。
 
 
「悍威」(気迫)に富むことは、日本犬の最も重要な本質、とされていますが、決して喧嘩っ早いということではありません。ヨネはついつい指導に熱が入りすぎてしまうので、注意が必要です。

 
ヒートアップしそうな時は、仲良くオヤツでクールダウンします。むろん、良質な食べ物が良質な体づくりには欠かせないため、オヤツも極力、自家製のシカジャーキーか、市販のものでも天然素材、肉100%のものをチョイスします。

 
千里の道も一歩から。
羊蹄柴道場の挑戦は、始まったばかりです。
 
 
玄師範!ぬくぬくと寝ている場合じゃありませんよ!
 
 
ヨネの子犬たちの日常は、KJのインスタグラムでもご覧いただけます。

 
柴犬の子犬に関心のある方は、どうぞお問い合わせください。(090-2077-1839 奥田健治)
 
・名称:羊蹄柴道場
・所在地:北海道虻田郡留寿都村字留寿都200-86
・種別:販売
・登録番号:北海道第041710114号
(2018年3月14日~2023年3月13日)
・責任者:奥田健治
090-2077-1839
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



2018年12月20日木曜日

子犬が生まれました。


12月11日、米(ヨネ)が初めての子犬を産みました。
おかげさまで、母子ともに健康です。

手前がオス、奥がメス

第1子が赤オス、誕生時320グラム。第2子が胡麻メス、誕生時205グラム。
ただし毛色は成長に伴って変わる場合があります。

向かって左がメス、右がオス

ずいぶん大きさの違う兄妹ですが、どちらもスコブル元気です。
産子数も2匹と少なかったことから、お腹いっぱいオッパイを飲んで、すくすくと育っています。
  
 
今はオス800グラムぐらい、メス500グラムぐらいになりました。
どちらもコロッコロのプックプクです。

 
子犬たちのお父さんは、「胡麻龍」号。
札幌加我荘の代表犬の1頭で、自身が北海道支部展で1席、全国展でも8席をとった他、今年は直仔の「加我の州」号が、北海道支部展をはじめ東北各県で1席、さらに日保本部賞をとり、ついに全国展で壮犬1席壮犬賞をとったという良血です。
 
子犬たちの父「胡麻龍」号
 
子犬たちの半兄弟「加我の州」号
 
ヨネ自身も昨年、北海道支部展で1席をとっています。
 
 
もちろん、山ではシカもとっています(笑)
  
撮影 米倉麻子 さん
 
かくして、玄、10歳には初孫ができました。
 
撮影 米倉麻子 さん
 
お母さんに似るか、お父さんに似るか、はたまたお祖父ちゃんに似るのか!?
この子たちの将来がとても楽しみです!
 
 
柴犬の子犬に関心のある方は、090-2077-1839、o.k.d.koh@ezweb.ne.jp
 KJ=サンファーム、奥田健治までご連絡ください。
 
子犬たちの様子は、KJのインスタグラムでもご覧いただけます。